PASONA式 話しが弾み、仕事につながる
稼ぐ名刺の作り方
websample1908063.png

普通の名刺を

『稼ぐ名刺』に

アップグレードすると
あなたの
第一印象の好感度が高まります。
​そして
複雑に絡み合った
あなたのビジネスモデルの中から
『伝えたい魅力』を引き出して
『売り込まなくてもお客様のほうから欲しがられる』
あなたにとって
宝物のフレーズを見つけることが
​最大の目的です。

無料でダウンロードできる
『魅力の活用効果判定シート』を使って
脳内インスピレーションを
リセットして
成功の媚薬(サクセスエッセンス)を
ぽとんと一滴
搾りだします。
​自己PRに自信が持てる
メンタルと
それを表現する名刺に
アップグレードさせて
セルフイメージを高める名刺として
作り方を
​ご案内して参ります。

あなたの名刺は『働いてくれていますか?』

皆さんはどんな名刺をお使いでしょうか。

最近はプリンターの質も良くなり
『自分で作っています!』
とか
『100枚 980円で明日届きます!』
っていう時代です。

一方で
 デザインの質も良くなり
 マーケティング的な仕掛けもあるのをご存じでしょうか。

 

スーツのビジネスマン

あなたの名刺に
『伝えたい魅力』
マーケティング効果を
加えます。

名刺に
メッセージ効果と
マーケティング効果を加えると
『名刺』を芽が出る種に
アップグレードできます。

 

普通の名刺だけではチャンスゼロ%

名刺を配っても
​お客様の
​アクションに繋がらないと
​もったいない!

websample006.png

会社名と名前、連絡先だけの普通の名刺だけでは
残念ながら
何も伝えられないチャンスゼロ%の名刺
と言わざるをえません。


形式的な習慣として
​『あっ!そうですか!』で
​名刺ファイルに埋もれるだけ。


名刺も工夫次第でチャンスを広げることができます。

もしあなたが

・集客について課題にしている
 ・PRの効果的なアプローチは何か
 ・どう切り込んだらいいのかわからない

と感じたことがあるのなら

ここから先は
 その解決策を提案します。

 

あなたの仕事の魅力を探っていきます。

あなたの

商品・サービス・活動は

強みや特徴を理解して『伝えたい魅力』を

効果的な方法でお客様に

​届けられているでしょうか。


『魅力の活用効果判定シート』を使って

売り込むよりも

お客様のほうから

​『欲しがられる切り口』を見つけ出してみましょう。
 

頭の中は整理されていますか?

『連絡先メモ』のような名刺から

メッセージ効果と仕組みを加えた名刺にすると

​四コマ漫画のように

ストーリーがはじまります。

一例はこんな感じです。

websample009.png

あなたの趣味や興味・関心を

あえて細かく表現することで

親近感がわき、会話の糸口が見え

話しが弾むようになります。

更に

ビジョンやパッションを伝えることで

より一層の

​信頼関係をつくることができます。

websample008.png

PASONA(パソナ)の法則とは、

日本のマーケティング界の第一人者、

神田昌典先生に
よって考案された『人が購買に至る、心理的行動パターン』を

6段階で示したものです。


売れるセールスパターンには共通点があり、

『この順番で語られると人は気持ちを動かされてしまう。』

と言われるほど
セールスレターの書き方の原則として認知されている強力な手法です。


それぞれ6つの要素の頭文字をとって
『PASONAの法則』と名付けられました。

P:Problem(問題)
A:Affinity(親近感)
S:Solution(解決策)
O:Offer(提案)
N:Narrow Down(絞り込み)
A:Action(行動)

名刺を構成する流れに

​この考え方を取り入れました。

websample1902173.png

会社の名前や会社のロゴマークで

おおよそ、どんな事をしている人

なのか

わかる場合もありますが

多くの場合

初対面の名刺交換の場面で

会話の中で伝えるのは難しいと感じている人は

​多いのではないでしょうか。

ビジネスカード

かつての僕は、

懇親会や異業種交流会での名刺交換は

苦手でした。

相手の興味に合わせて自分を

言葉で表現することが

苦手だったからです。

話題性にも乏しく

​会話が弾むことはあまりありませんでした。

websample1902174.png

台本のような名刺を渡すと

なぜか

相手の方から

『私も〇〇に興味があるんです』とか

『〇〇やってらっしゃるんですか』など

会話が弾むようになってきました。

こちら側が

オープンになると

相手の方も

『​心を開いてくださる』

​そんな体験が多くなりました。

チーム会議

誰にでも渡せるものでは

ありませんが

『この人なら!』

という人には

警戒心をはずすためにも

こちらも

多くの情報を提供し

『こんな問題に対して』

『こんな商品サービスを提供している』

『こんなことが好きな』

『私です!』

​を

さりげなく示すことができると

お互いの親近感を

​もっともっと高めることができます。

websample003.png

更に

名刺から

次のリアクションにつなげます。

Facebook Twittre Instagram などのSNS

ブログやWEBサイト

あなたのメディアに招待しましょう。

プレゼントや無料レポートなど

興味・関心にマッチしたものが

あると

​スムーズなオファーができます。

201902171.jpg

名刺交換から

スムーズにこの流れを

つくれるようになると

お客様と言うよりは

チームのメンバーのような感覚で

情報交換できるようになるでしょう。

そして

お互いが高め合える存在として

輝けるようになってきます。

もちろん

仕事にもつながるように

​なってきます。

websample005.png

名刺交換は

​チャンスをつくる種まきです。